RIMSAFARI | SAFARI からのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by SAFARI on  | 

SAFARiリトリートTriple森林activity2015のご報告2

2日目 5月31日

4時半ごろカーテン越しに明るさが見え始める
昇る朝陽に山が赤く染められていく

DSC_0008.jpg

日月倶楽部内富士山の目の前に位置された能舞台
ここで富士山エネルギー満喫しようと外にでると
数名の方がすでに日の出を満喫されています。
朝の集合6時までの間、みんな思い思いに日の出を感じて

DSC_0015.jpg

朝6時。リトリートプログラムがスタートです。
山本医師のご案内で、富士山静養園まで移動。
氏神さまにご挨拶と自然の湧き水を
持参した水筒にお水取り。
美味しいっ!と輝く声に
なんだか嬉しくて浮き足立つ。

CIMG3766.jpg

今回は陣馬の滝には行かず
その分、小田貫湿原の散策。
朝の爽やかな空気を感じつつ
木道を歩き この地の神話や生活などのお話。
山本医師との朝のお散歩終了。

美奈子先生のヨガがスタート。

CIMG3779.jpg

心理学部卒のヨガセラピストらしく
アーサナをとることに必死になるのではなく
呼吸と動きを通して
自分の心身魂を感じる
一見地味だけど
本質を大事にしたヨーガの誘導。

自己との調和
自然との調和

Safariのリトリートテーマにピッタリなワーク

そして与えられたテーマをもとに
それぞれが感じたことを分かち合う。
分かち合いは決してうまく表現する必要などない。
誰かにわかってもらう必要も無い
自分が調和する言葉を紡いで外に発すれば
その場を作っているみんなにとって
誰かにとって必要な何かにつながっていく。

少しの自由時間を経て
朝食。

CIMG3784.jpg

今朝も美味しく美しい地産地消のお食事を
どうもありがとうございます。
数分だけ
お食事に集中する
マインドフルイーティング。

食後は山本医師のお話。。。の前に写真を1枚。
医療が得意な一人の人として生きていらっしゃる先生。
こんなこともあんなことも自ら作業されます。
お隣はスタッフの植松さん。

CIMG3781.jpg

今回はじめて、昼の時間に先生のレクチャーをお願いしました。
なぜならば、とても聞きたい話なのに
夜では眠くなってしまって。
先生の講義、いつも以上に盛り上がりました。
今回の参加者は「海外とのつながりが深い方」がたまたた集まったというご縁。
日本人について、日本の今について、医療システム、コミュニティについて
そして先生の活動や先生という人について
質問がたくさん、想いがたくさん分かち合われて
笑い、涙ありの心揺さぶられる時間でした。

最後はみんなで
もう一度自己との調和。
そして折り紙を使ったアートワーク。
いまの自分の気持ちを表しておつかれさま〜❤️

CIMG3773.jpg

渋滞もありました
高速バスの予約も大変でした
そんななかでも
こうしてご縁があった皆様と
富士山麓の聖地
富士山静養園&日月倶楽部でご一緒できたこと
本当にこころより感謝です。

そしてご協力くださった
山本ご夫妻や日月倶楽部のみなさま
ヨガ講師の太田美奈子先生
株式会社キャラバンさんにも
こころより感謝しつつ。

ありがとうございました。
次回、今年の秋紅葉終わる頃の開催を予定しておりましたが
仕事上のスケジュールにより今年度の開催は
見送ることになりました。
楽しみにしてくださっていた方には
こころよりお詫びさせていただきますとともに
2016年春以降にまたご一緒できますように
準備させていただきます。
みなさまとの充実の歓び時間
楽しみにしております。

Category : 未分類
Posted by SAFARI on  | 0 comments  0 trackback

SAFARiリトリートTriple森林activity2015のご報告

1日目 5月30日

今春OPENの日月倶楽部。
今日は富士山の懐に抱かれた広大な敷地をすべて自由に
10名程度でこの敷地を貸し切りです。
これだけでアマンリゾート以上ともいえる
自然と人間の比率。贅沢さ。

CIMG3761.jpg

交通の影響があって
14時開始を30分遅らせて14時半スタート。
簡単にお名前を分かち合ってから
早速 12色折り紙を使った「いまの自分を感じるアートワーク」。遊びです遊び。

そして富士山麓のお水を飲んでから

いよいよ一つ目のアクティビティ
ノルディックウォーキング。
一周3.3kmの田貫湖畔を歩きます。
ポールを使って簡単にストレッチ後
まずは日月倶楽部敷地内をポールを使って歩くリズムをつかむための練習。。。。
みなさんすぐにうまく歩けて順調にスタート。

CIMG3732.jpg

歩きつつも、時々、植物触ります。光や地面を感じます。
空気や植物モミモミして香ります。
水の音、鳥の声を聞きます。
富士山の懐に抱かれながら。

1周の達成感をみんなで共有し
日月倶楽部にて自生するミントを採取。
今日の夜植物療法に使いましょう。
家に持ち帰って土に植えれば
さまざまな場面で頼りになる緑の薬箱が都会のベランダに。

CIMG3742.jpg

丁寧にお料理してくださった
地産地消の美味しく優しいお食事。
どうやってこの味付ができるのかと興味津々です。

山本医師監修の漢方体質チェックアプリで選ばれた
漢方茶とデザート&コーヒーをいただいて
食材にお料理に ごちそうさま

CIMG3752.jpg

ヨガスタジオに集まって夜の植物療法と瞑想&誘導リラクセーションタイム。

夕方採取したミントを油脂吸着温浸法にて芳香成分抽出し
ミントのアロマトリートメントオイルを作成します。
そしてセルフタッチのコツを伝えたあとは
ゆっくり自分の足に愛を送りつつ対話する
動的瞑想状態。

そして外ではキジが大きな声で急に泣き始め
みんなで苦笑。
とくに穏やかな空気を誘導していた私は、とほほ。。

そしてそのまま誘導リラクセーションと静寂の瞑想を行って
今日は解散。

このまま暗さのなかで過ごしてくださいね。
できるだけ、スマホや携帯のブルーライトみないでくださいね。
と告げておやすみなさーい。。

が、実はこのときに大きな地震が日本列島を襲っていて
8:23 地震発生。富士市での震度3を観測していたとのことで
それを知ったのは、日月倶楽部の方や家族たちがこちらを心配してくださっていた
留守番電話や頻繁に残っているメール履歴ではじめて。

よくよく振り返ってみると
ちょうどキジが急鳴していたころ。

私たちは誰一人として揺れを感じることなく
呼吸のリズムと足を包む手のリズムを感じていたようです。

ちなみにキジと地震の関連を調べてみたら
ありました!
大地震の前には大声で鳴くとのこと。
自然の力を体感した初日。

「地震予知も天気予報も出来ちゃう、日本の国鳥『キジ』」
http://matome.naver.jp/odai/2138980501230013301
「地震が近づけば大声で鳴くといわれている日本の国鳥のキジ(キジ科)」
http://www.mirai.ne.jp/~yagisho/nature/nature111/nature111.htm

Category : 未分類
Posted by SAFARI on  | 0 comments  0 trackback

ROSE2015のお知らせ

<ROSE 2015ご案内>
6月第1週のバラ祭り。
街全体がバラの香りに包まれる「バラの谷」ブルガリア、カザンラクより、今年も収穫したて、蒸留したての ROSE2015の情報が届きました。ご入用の方はお知らせくださいね。

①2015ローズウォーター1キロ 8000円 (+送料1000円)
②2015ローズ精油  10g  20000円 (+送料500円)
             
お申し込み メール info@aroma-safari.com 宛 に
締切6月23日までに下記を明記のうえお知らせください。
         ①ご希望のお品物と数量
         ②お名前
         ③お品物の送り先住所
         ④連絡先 メールと電話番号 

このローズウォーターはローズオイルを作る時に出る副産物としての芳香蒸留水ではなく
ローズウォーターを採取する目的で蒸留されています。
そのためローズオイルの含有量が高く(通常は0.03%、このウォーターは0.08%ぐらい)含有されているそうです。
今年はバラの花がつく前の低農薬使用だそうで
残農薬検査では検出はありませんが、オーガニック認定への申請はしていないようです。

カザンラクの街に訪れたのは、もう10年以上前になりそうですが、歓迎してくれた市長さんの誠実さ、ワインの自然の美味しさが蘇ります。街の素朴な感じは変わらず、いまも穏やかなとても気持ちのよい環境だそう。roseはいまも街の重要な収益源。

今年の芳香はどんな感じでしょうか?
今年もご一緒に分かち合えること嬉しく思っています。

バラ祭りについて http://www.dtac.jp/caucasus/bulgaria/news_67.php

ダマスクローズ

Category : 未分類
Posted by SAFARI on  | 0 comments  0 trackback

5月リトリート開催地情報〜日月倶楽部

5月末に開催されるTriple 森林activity Safari リトリートの開催地
日月倶楽部の一般OPENに訪問いたしましたので
リトリート詳細の案内をさせていただきます。

リトリート開催地は富士山目の前の田貫湖畔。
富士を囲む6番目の湖はダイヤモンド富士でも有名ですが
観光地化されていなくて、ほっこりと優しい静かな湖です。
今回のリトリートではここをノルディックウォーキングで躍動感感じて歩きます。
初めての方でも大丈夫。しっかりサポートいたします。
ポールは(株)キャラバンさんのご協力でご用意いたします。

CIMG3632.jpg

日月倶楽部の広大な敷地。入るのにはゲートがあります。
リトリートに参加される際にはこのゲートを開けてなかに入ってくださいね。

CIMG3553.jpg

「五感に入るものは全て栄養である」

アーユルヴェーダではこのように言われています。
美しいものに囲まれることは心身の健康に重要な要素。
日月倶楽部は富士山静養園同様、その物がその場がアート&ホスピタリティです。

DSC_0026.jpg

広大な土地には自然に包まれる宿泊ヴィラ。
自然欠乏症候群への処方箋。人工物に違和感を感じさせる自然の恵みいっぱいの部屋。

ここなら、五感を解放できる。

DSC_0013.jpg

コテージ扉

お部屋のなか、目に優しい肌に優しい自然のアート。
パジャマやスキンケアグッズは普段使っている肌に馴染んだものをご持参ください。
タオル、ドライヤー、スリッパ、石鹸類、歯ブラシ、冷蔵庫、湯沸かしポットとドリップ型のコーヒーがお部屋にそっと置かれています。

CIMG3515.jpg

お食事は地産地消。
地元の大地で力一杯育った野菜と玄米の生命力いっぱいの優しい丁寧なお食事です。
こころをこめて作ってくださっているのが伝わります。
普段も有機野菜を食している松尾ですが
夕食のクレソンのスープや朝食のゴボウなどの野生的な香りが印象的でした。
デザートもついて心の栄養への配慮が嬉しい。

食事

そしてこの富士山が、敷地内の能舞台から、部屋から、ヨガスタジオから、アロマルームから。
富士山の懐に抱かれながら、ヨガ。
天気が良ければ外ヨガしましょう。
まったくの未経験者でもご安心ください。こころと身体。呼吸を感じて行うのがヨガです。
五感を開くことを自分に許して、気持ちよく自分を、自然を感じましょう。

富士山

日月倶楽部&富士山静養園のある猪ノ頭は水源の場。
早朝散歩にてお水を取りに水場に行くかもしれないので
念のため水筒をご持参くださいね。

DSC_0087.jpg


5月の風をご一緒できることが心から楽しみです。
ファシリテーター松尾祥子より

Category : 未分類
Posted by SAFARI on  | 0 comments  0 trackback

2015.5.30-31 SAFARIリトリート@日月倶楽部

Triple森林activity 2015 safariリトリート@日月倶楽部

自然のリズムとゆらぎを感じ、共鳴する「自然との調和」。
五感を開放して自分の内なる声を感じて生きる「自己との調和」。

毎日の生活のなかで、無理をしてしまったり、
少しづつ生じてしまった「調和とのずれ」を、
非日常の自然の恵み溢れるなかで
チューニングする。

身体は自分にとっての羅針盤になる。

めまぐるしい生活の瞬間瞬間にある
自分にとっての正解は?
「いま、ここ」の自分の正解を伝えているのは
微細な、でも誰もが感知しているはずの
自分の深い身体感覚。

チューニングした身体からのメッセージは
日々の自分らしさ、心地よさを生み出し
「調和感」という美しい音色を奏でだす。

だから、
自然のなかでのチューニングはすべての人にとって必須のご褒美時間。
SAFARIはその場をリトリートと呼んでいます。


今回は,心より深く信頼を寄せる大親友で
ヨガ療法士でもある現役ヨガインストラクター
太田美奈子がヨガをファシリテート。

もちろん、前回に引き続き
富士山麓で新しい形の医療システムを構築されている
山本竜隆医師もご参加です。

ノルディックウォーキング&森林療法で
自然界の生命力を取り入れて充実した身体を感ずる日中の躍動時間。
夜はロウソクの明かりのもとで
植物の恵みを日々の生活に取り入れる、植物療法に
タッチセラピーも含めての瞑想タイムを
心理×アロマ×自然をキーワードに活動する
松尾祥子がファシリテートします。

プログラム全体を通して
参加者の方それぞれにとって宝物としての気づきを得られるようにと
構築されていて、自然の生活リズムの調和すべく
夕方から暗い照明のなかで生活。
早い夕食によって内臓も休めるお気軽で日常に取り入れやすいプチ断食を実行。
良質の睡眠を得た、翌朝の気持ち良い感覚をぜひご一緒に味わっていただければと思っています。

201503102001360f0.jpg


日月倶楽部は富士山静養園の姉妹施設として、富士山を目の前にする田貫湖畔に今春OPENします。
safari は昨年に引き続き、今年もホリスティックリトリートをこの地で開催します。今回は満月直前。
ノルディックウォーキングを利用した森林療法、自生する植物を活かす植物療法、ヨガ、瞑想やイメージを使った伝統療法を「Triple森林activity」として、目標に向かって躍動的に身体を動かし遊ぶ時間、植物の恵みを味わい学ぶ時間、心の声に耳を澄まし自分と対話する静寂の時間をプログラムしています。はじめての方から経験者まで、一人でもグループでのご参加でも大歓迎。風薫る五月の清涼な空気をご一緒しましょう。

1st DAY 5/30
14:00 田貫湖畔の日月倶楽部に集合 
 挨拶。リトリートやプログラムについて説明します。
14:30 野外ワーク
 ノルディックウォーキング&森林療法体験、薬草採取。
17:00 食事 地産地消の丁寧なお食事です。
18:30 植物療法 と 瞑想
採取した植物でマッサージオイルを作成。睡眠を深めるための、セルフタッチの方法、
瞑想&リラクセーション誘導
20:00 お風呂や雑談 星空や月夜 
22:00 闇の中で就寝 おやすみなさい
*ノルディックウォーキング用のポールはレンタルできます。ご希望に応じて指導しますので初めてでも楽しんで歩けます。

2nd DAY 5/31
6:00  日の出早朝散歩
 現地に居を構える山本竜隆先生が案内してくれます。
7:30  朝の養生
 富士山目の前の清浄な屋内スタジオにてヨーガ&呼吸法。
  朝の光を浴びて、心身魂を整える朝の養生法です。
10:00 食事
11:30 山本先生のお話
都会で生まれ育ち医師として活躍されていた先生が富士山麓ではじめた取り組み。統合医療とは?これからの日本は?人として生きる、明日からの毎日のヒントとなる話。
13:00 シェアリング 14:00 解散 ありがとう
*プログラムは現時点のもので、当日変更することもあります。

2015safariリトリート参加ファシリテーター
山本竜隆(やまもとたつたか)先生
医師/ 日月倶楽部、富士山静養園園主 朝霧高原診療所院長
聖マリアンナ医科大学、昭和大学医学部大学院卒業、米国アリゾナ大学医学部統合医療Acoociate Fellowを修了され、統合医療の父アンドルーワイル博士から杖を授かっています。東京四谷の「統合医療ビレッジ」総院長としての経験もあり、アロマ・ハーブやホリスティックな団体でもご活躍。日本の統合医療界の代表的な先生のお一人。元ラガーマンのチーム力や温厚で真摯なお人柄にはファンも多く、自然とともに生きる一人の人人間としていろいろ教えていただける先生です。

太田 美奈子(おおたみなこ)ヨガインストラクター
2003年にヨガと出会う。アーサナ(ヨガのポーズ)が出来たとか出来ないとかではなく、終わった後の心の解放感に魅了される。当時、二人の子育てに追われる中、自分自身と向き合う時間が無く、ヨガを通じてありのままの自分を受けとめてあげることの大切さに気づかされた。
2005年日本でのホットヨガの創始者であるブッダデフチョードリー氏に師事し2006年Yoga college of India Tokyoの認定インストラクター。ヨガを指導する中で、老若男女問わず現代人の心身を健全な状態にしてくれるヨガの効能を確信し、ヨーガ療法に興味を持ち、2013年より日本ヨーガニケタンにてYICを受講し認定ヨーガ講師となる。

松尾祥子(まつおしょうこ)
臨床心理士/アロマセラピスト/森林セルフケアサポーター/ノルディックウォーキング指導者 
CSPP/Alliant アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理大学院修士卒 (株)SAFARI代表
大学卒業後、国際線客室乗務員として勤務する中、世界の伝統療法や文化から感性を磨く。1999年よりセラピスト活動を開始。帯津三敬病院や都内大学病院でホリスティック医療を経験し、現在はアーユルヴェーダを始めとする東洋の叡智、ハーブやアロマセラピーの植物療法、自然のなかでの五感体験、統合的心理療法をベースにメンタルヘルスや情操教育に尽力。コミュニティの持つ力、環境教育、持続可能な生活スタイルへも関心を寄せる。共著「アロマテラピー学習帖〜ひとつ上をめざす人のアロマテラピーテキスト」

日月倶楽部へのアクセス http://hitsuki-club.com/access/ 詳細はHPやバス・電車運行会社にご確認ください。
・お車で 新東名高速新富士IC、東名高速富士IC、中央高速河口湖ICより139経由、田貫湖方面へ。
・高速バスで JR東京駅八重洲南口(10:00)発「休暇村富士バス停」(13:18)下車後、徒歩約10分。
・電車とバスを利用して
JR東海道新幹線「新富士駅」より富士急静岡バスかJR身延線で「富士宮駅」。富士急静岡バスで
「休暇村富士バス停」下車後、徒歩約10分。


主催/問合せ (株)SAFARI school@aroma-safari.com
協力 (株)キャラバン
共催 開催場所:日月倶楽部 http://hitsuki-club.com
静岡県富士宮市猪之頭字向平2271
定員12名 最少催行人数4名 申込締切 5月15日(金)(定員になり次第申込終了)
参加費25000円税別 宿泊.食事.講義.材料費含。(早割!3月31日までのお申込で1000円引)
1人部屋希望の場合+3000円 集合までの交通費は各自ご負担をお願いします
お申込は下記を明記の上、SAFARI宛「リトリート申込」にメールにてお申込ください。
1.お名前.性別.生年月日 2.住所 3.連絡先電話.携帯電話.メールアドレス
4.予定しているアクセス方法 5.一人部屋希望の有無 ご不明な点はお気軽にお問合せください




ダウンロードPDFはこちらです。
20160304120108_001.jpg 20160304120108_002.jpg

Category : 未分類
Posted by SAFARI on  | 0 comments  0 trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。