RIMSAFARI | SAFARI からのお知らせ

2014年度居ごこち学会秋期研究交流会パネリスト参加します

「居心地ビジネス」の意義と可能性

日時 11月29日(土)13:30〜16:40
場 所 東海大学湘南キャンパス10号館 Sープラザ 平塚市北金目4・1-1 小田急線東海大学前駅下車 徒歩15分

l 第1部(13:3O〜14:30)
・ 開会挨拶(5分)
・ 基調講演:「居心地ビジネスを巡る動向について」(30分)
        隈本純氏(東海大学教養学部人間環境学科准教授)
・ 質疑(25分)
    コメンテーター:白井信雄氏(法政大学地域研究センター特任教授)
休憩(10分)

l 第2部(14:40'〜 16:40)
・事例報告「音と香りで‘居心地空間’をプロデュース」(45分)
    榎本誠也氏(ビクターエンタテイメント(株)エグゼクティブ・プロデュサー)
・パネルディスカッション(70分)
    コーディネーター:藤田成吉(居ごこち学会事務局長)
    パネ リ ス ト  隈本純氏:白井信雄氏:榎本誠也氏
           松尾祥子氏(株)SAFARI 代表、(公社)日本アロマ環境協会環境カオリスタ委員会委員)・閉会挨拶(5分)

参加費:無料
主催:居ごこち学会
共催.東海大学人間環境学研究

【研究交流会の趣旨】
〇いま、改めて成長や競争、効率、物質的豊かさを追い求める社会から成熟社会や環境共生社会、協働社会、価値観の多様化社会への移行が課題となっています。
〇また、社会の超高齢化、少子化、人口減少化、格差化、ストレス化なども進んできたことから、心の豊かさや生活の質、仕事の質、環境の質などへの関心も高まりを見せています。
〇他方、これまで高度成長を経て多種多様な財やサービスを提供し続けて来たマーケツトも飽和状態を示しており、事業者も新たな時代の新たなニーズへの対応を模索しています。
〇研究交流会では、これまでの物質的・量的な豊かさや効率性、機能性、利便性そして快適性なども相対化させる‘居心地’をコンセプトにしたビジネス=「居心地ビジネス」 の最近の動向や事例を通して、その意義や発展の可能性を考えます。

東海大学湘南キャンパス
l小田急線「東海大学前駅」より徒歩約15分
JR「平塚駅」より、神奈中バス(秦野駅行)または(東海大学前行)「東海大学正門前」下車、徒歩5分


【問い合わせ先】
東海大学教養学部人間環境学科自然環境課程準備室 Tel:0463・58-1211(代表)

居心地
居心地2

居心地研究交流会案内より転載

スポンサーサイト

Category : 未分類
Posted by SAFARI on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://safariinfo.blog.fc2.com/tb.php/24-c97788e8
該当の記事は見つかりませんでした。