RIMSAFARI | SAFARI からのお知らせ

5月リトリート開催地情報〜日月倶楽部

5月末に開催されるTriple 森林activity Safari リトリートの開催地
日月倶楽部の一般OPENに訪問いたしましたので
リトリート詳細の案内をさせていただきます。

リトリート開催地は富士山目の前の田貫湖畔。
富士を囲む6番目の湖はダイヤモンド富士でも有名ですが
観光地化されていなくて、ほっこりと優しい静かな湖です。
今回のリトリートではここをノルディックウォーキングで躍動感感じて歩きます。
初めての方でも大丈夫。しっかりサポートいたします。
ポールは(株)キャラバンさんのご協力でご用意いたします。

CIMG3632.jpg

日月倶楽部の広大な敷地。入るのにはゲートがあります。
リトリートに参加される際にはこのゲートを開けてなかに入ってくださいね。

CIMG3553.jpg

「五感に入るものは全て栄養である」

アーユルヴェーダではこのように言われています。
美しいものに囲まれることは心身の健康に重要な要素。
日月倶楽部は富士山静養園同様、その物がその場がアート&ホスピタリティです。

DSC_0026.jpg

広大な土地には自然に包まれる宿泊ヴィラ。
自然欠乏症候群への処方箋。人工物に違和感を感じさせる自然の恵みいっぱいの部屋。

ここなら、五感を解放できる。

DSC_0013.jpg

コテージ扉

お部屋のなか、目に優しい肌に優しい自然のアート。
パジャマやスキンケアグッズは普段使っている肌に馴染んだものをご持参ください。
タオル、ドライヤー、スリッパ、石鹸類、歯ブラシ、冷蔵庫、湯沸かしポットとドリップ型のコーヒーがお部屋にそっと置かれています。

CIMG3515.jpg

お食事は地産地消。
地元の大地で力一杯育った野菜と玄米の生命力いっぱいの優しい丁寧なお食事です。
こころをこめて作ってくださっているのが伝わります。
普段も有機野菜を食している松尾ですが
夕食のクレソンのスープや朝食のゴボウなどの野生的な香りが印象的でした。
デザートもついて心の栄養への配慮が嬉しい。

食事

そしてこの富士山が、敷地内の能舞台から、部屋から、ヨガスタジオから、アロマルームから。
富士山の懐に抱かれながら、ヨガ。
天気が良ければ外ヨガしましょう。
まったくの未経験者でもご安心ください。こころと身体。呼吸を感じて行うのがヨガです。
五感を開くことを自分に許して、気持ちよく自分を、自然を感じましょう。

富士山

日月倶楽部&富士山静養園のある猪ノ頭は水源の場。
早朝散歩にてお水を取りに水場に行くかもしれないので
念のため水筒をご持参くださいね。

DSC_0087.jpg


5月の風をご一緒できることが心から楽しみです。
ファシリテーター松尾祥子より

スポンサーサイト
Category : 未分類
Posted by SAFARI on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。